スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



怖い話

2009/06/19 22:25
さて、今日はあれですよね、あれ、えー、あ、あのーなんか心の奥深くに眠っている羞恥心を呼び覚まし、あらゆるものに対して臆病になると思われたがそんなことなく逆に今までよりドス黒い感情をさらけだすようになってやっぱりはずかちぃ~みたいなあれ

















ミステリーですね、はい。


どうもこんばんわ、ペガットです。
今日は夏間近!ってことでミステリアスってか怖い話しましょうかね。




それでは二浪生ペガットによる本当にはなかった怖い話の始まり始まり…
















とある満月の夜、ペガットは暗い森の中を全力で走っていた。



「なんであそこにあいつらが…」



「う゛ぅぅぅ~!!!」



ペガットの後ろに不気味な唸り声と共に二人のガチホモが現れた。



「くそ!!さっき思いきり石をぶつけてやったのに!!!」




二人のガチホモのうち、ブリーフ(ブルマ?)をはいてるほうをゆーぴー。タンクトップ(ピンク)をはいてる方をトミーと呼ぶことにしよう。





「はぁはぁ…ヤバい…追いつかれる…」



ペガットとゆーぴー達の距離はじわじわとちじまっていく…



「こうなったら…」



ペガットはもっていた石をゆーぴーめがけてなげる!


「う゛ぅ~!!!!」


石が頭部に当たったにもかかわらず全くどうじないゆーぴー。




「くそ!…このままじゃ…」












アーッ!!!




~完~






























末期症状ですね、わかります。
スポンサーサイト



なに?つまりオレのこと好きってこと?

2009/06/18 21:05
いますよね、こういう男、女の子に少し優しくされただけで勘違いしてそのまま女の手の上で踊らされるようなヤツ、まぁオレだけど




あと少し回りよりできるものがあると図に乗って、いつのまにかに回りの人達に追い抜かれるヤツ、もろオレだわ


















どうもこんばんわ、ペガットです。今日はいつもと雰囲気を変えて少しミステリアスな話でもしてみようかと思います。

















…やっぱ明日にするわ…


↑すぐ明日明日って言い出すヤツいるよね、オレだね



ハエ

2009/06/12 14:04
ハエが増えてきた近頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか、必死にハエと戦っていらっしゃるのでしょうか、ご苦労様です


ですがそんなハエ殺しを日課としている鬼畜なみなさんにいいたいのですが、まさかスプレーでハエを殺してませんよね?殺してる?それはいけない、いますぐ止めるべきだ、その行為はハエに対して非常に失礼にあたる


ハエ達は物などに止まりながらつねに警戒心を解くことはない、食べ物を食べてる(止まってる)時も解くことはない、これはもの凄い大変なことだ、食べ物を食べる時でさえ常に警戒心をもつなんて我々人間がやってたらすぐに気がめいっておかしくなるだろう、しかし彼らは(ここではハエに対して「ハエ」ではなく尊敬の意味もこめて「彼」と言わせてもらう) 生まれから死ぬまで常に緊張状態を保ち続けている、そんな人の及ばぬ精神(スピリッツ)を持ち、われわれに正面から勝負を挑んでくる彼らにスプレーを使うとしよう


彼らは噴射されたのに気付き光の如くのスピードで逃げようとする、しかしスプレーは霧状で非常に攻撃範囲が広い、いくら彼らが鬼のような足(ここでは「羽」ではなくあえて「足」と表記させてもらう)で逃げたとしても、それから逃げることは出来ないだろう、何故彼らは逃げることができないのがわかっているのに、われわれれの目の前に現れ、仁王立ち(ここでは単に「止まっている」ではなく、彼らのそのたたずまいがまるで弁慶が義経に敵を近付かせないために敵の前に仁王立ちし、矢をくらっても倒れず立っていたその姿を彷彿とさせるためにこう表記する)するのか。答えは単純だ、彼らは「勝負」を挑んでいるのだ、一対一(1on1)の勝負を、武器にたよらず己の拳だけを使い、互いの力をぶつけあう勝負を






























僕の気が狂ってるようですね



「節子ぉ…それはドロップやない…おはじきや…」

2009/06/03 20:23
「いやwwwさすがにわかってるからwwwwwwwww」



「…」





中島「磯野!野球やろうぜ!」

2009/06/02 20:34
連日の猛暑ですっかり夏バテぎみだ、しかし、オレはいかなくてはならない









「おじゃまします!」



「あら、またきてくれたの…、いつも悪いわね…中島君…」



中島「いえ…磯野がこうなってしまったのは僕にも原因があると思うんで…」



「あの子が引きこもってもう10年たつのね…」



「…」



うつ向き右手をつよく握る中島、そして気を引き締め磯野(カツオ)の部屋の前に立った





「…磯野ぉ!…久しぶりに野球しようぜ!」














「…」





「なぁ…たまには外にでないと頭がおかしくなっちゃうぜ…」





「…」






「…オレ…来月結婚することになったんだ…そしたら妻のほうの実家に住むことになるからこっちにはあんまりこれなくなる…だからその前にお前とまた野球がしたいんだ…」






「…」







「…なぁ磯野…野球しようぜ…」





















カツオ「そんなことよりサッカーしね?wwwwww」



中島「把握wwwwwwww」





カツオ「うはwwwwwww外の空気うめぇwwwwwwwwwwww」



中島「まぁずっとニートしてればそう感じるだろなwwwwwww」



カツオ「ちょwwwwヒドイwwwwwwwwwwww」





















なにこれ(´・ω・`;)



 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。